リストアップ

ペットロスについて終活ではありませんが、自分がどういう人生を送ろうかそして、送ったかという事を考えてみたときにこの子の将来のことを考えると、きちんと整理していくべきだと考えるようになりました。

先のことばっかり考えると、なかなか手につかないわけですが、今自分がやるべきことを一つ一つをリストアップすることによって、それを一つ一つ解決していくことがこの子の将来に繋がっていくということに気づきました。

仮に私が先に亡くなっても、この子に迷惑かけることがないように、そしてこの子が亡くなった時に、ペットロスにならないためにどうすべきかという事をリストアップしておきました。

こうすることによって精神的にもかなりたすかるようにしてあるのです。

これが1番おおきなことと思います。命はいつなくなるかわかりませんもの。

だからこそできるときに、リストアップして、しっかりと対策を立てることが肝心だということなのです。今出来ることからやっていきます。

財産はどこに

最近では相続やそういった形で自分のペットに全財産を与えたいと思っている人も多いようです。

もちろん法律的には厳しいということもわかっています。ペットにお金を渡すわけにはいきませんものね。

猫や犬を扶養してくれる人のためにお金を残すわけですが、なかなかそれも本当のところ、実行してくれるのかどうかわかりません。なぜなら、うちの犬が若ければそれなりの飼い主の考え方も定着することもあるかもしれませんが、いかんせんこれだけとしをとっていると、代わりにkってあげたいという気持ちはなかなかならないのではないでしょうか。昔からかかわっていたとかでないと気持ちも入らないように思います。

そうなると老人ホームではありませんが、犬たちを面倒みてくれるようなところがあれば一番いいなと思いますが、処分だけされるようなことはないようにしたいと考えます。

本当にペットロスのことを考えると、涙しか出てきません。

対策はたてていても・・・。

先日、たまたま市政だよりを読んでいだ時にペットロス日ならないことについて講演会がありましたが、そこに私も参加してみることにしました。

ここに集まる人たちは、もちろんペットをかっている方で、しかもどちらかというとかなり高齢の犬や猫を飼っている方でした。

講演会の内容よりも、のちのちの質疑応答時に客席から飛んでくる質問は本当に切羽詰っているような感覚を受けましたし、言葉にもとても重みを感じられました。

皆さんやっぱりペットロスの怖さや現実にペットロスを感じている方の話をモロに聞くことができたわけで、私もいずれ訪れるこのペットロスをどのように対処していいのかということをここで勉強することができました。

結論から申しますと、ペットロスに対する対策を考えれば考えるほど現実逃避したくなります。それが正直な気持ちだと思います。

いずれ訪れることなのだということはわかっていても本当になかなか決断つけられないというのが正直なところだと思います。

年齢を感じないからこそ

子供の時の姿を見ると、今の姿との違いは何かあまり感じられません。

だって犬というのは、若い時も子供の時も大人になってからも歳をとった時からもそれほど差がないのです。

もしこれが動画で映していたならば、ゆっくり歩くようになったなとか食事の量が減ったなあなどわかるのですが、写真だけではほとんどわかりません。

若い時の方ははつらつな顔をしているとか。年をとった時にはお年寄りのかんじがあるとかわかると言えるのですが、それほど差がないというのがかえってこちらにとっては辛いんですよね。

主人の写真を見るとやっぱり年をとったなと思いますし、私もいずれ天国に行くと考えた時には、何も未練があるというわけではありません。

しかしこの子をみているとこのまま置いておいて大丈夫なのか?私が死んでしまって大丈夫なのか。

などと思ってしまいます。しかし、実年齢は私と比べると、年をとっているってことになりますとても複雑な心境です。

この子よりも早くは死ねませんね。

ロスになる前に

太郎は定期的に病院に通っています。悪いところがあるというのではありません。健康診断がてらにみてもらっているんです。

そうすることによって私自身が安心して過ごせるという意味も込めています。

幸いにも悪いところがないので良いのですが、先生いわく「悪いところがないということはぽっくりいくという可能性もある。だから気をつけて欲しい」と言われました。

先生はおそらく私を驚かせるために言っているのではなく、余りにも私がたろうに依存しているからこそ、できるだけ客観的に見せるためにそのような発言をしてくれている、ということがわかります。

ここでわかってくることといえば、ペットロスにならないためにできるだけ長生きしてもらおうと努力することよりも、今その生きている時に自分がどうやって対処すればいいのかという事を、あらゆる角度から知っておかなければならないということです。

どんなに頑張っても命には限界があります。

だからこそ、覚悟しておかなければならないという事と、そのために動いて最善策はあるのかということをしっかりと勉強しておかなければならないのです。

返事が無い

太郎!太郎!と何度よんでも返事がない時がありました。

このときというのは強烈な、そして何とも言えない気持ち悪い感覚が頭をよぎります。

もしかしたら、どこかでなくなっているのではないかと思ったのです。

家の中で飼っているといえども、どこに行っているのかわからない。

でも、名前を呼べば必ずワンといってくれるので、絶対にどこかにいてくれているわけです。

しかしその時にに¥返事がなければ、きっと太郎になにかがあったにちがいないという事がわかります。結果論からいいますと、太郎には何もありませんでした。

命も別条も無く、元気に過ごしていました。これには偶然が重なったのです。

私の声がたまたま太郎の耳に届きにくいところにいたということと、私自身が太郎の返事をきいてもわからないようなところにいたっていうのが重なったからです。

でもこれは今回よかったのですが、これが真実であることを仮定すると、いつ何時不幸ごとがあってもおかしくないんだということを再確認した一日でした。

自問自答

夫の写真を見るたびに涙が出ます。また、太郎を見ても涙が出てきます。

太郎ももうお歳。でも、こうして私のそばで生きています。けなげな目で見られると、慰められているというか、ありがたいのひとことです。

めをつぶって寝ていると、もしかしたら死んでいるのではないかと思っておなかを見ると動いているのでほっとする自分がいます。

ペットロス。

この言葉が重いです。

ペットロスの前のロス感がもう強烈です。時間が、日にち薬が私にはまだまだ必要です。「夫は出張で出かけている」と割り切りたい。でも、いないんですもの。

もうあえないんですもの。

どうしたらいいのでしょうか。

死んでからの手続きが大変でばたばたしていますが、これがすめばぽっかりと心に空いた穴をどうすべきかかんがえなければいけませんね。

迫るペットロスを、しっかりと対応するためにも、対策を立てていきたいと思っています。

私がナゼここにいるんだろうと自問自答しているばかりです。

幸せとおもうとき

今までは普通の生活をしていました。夫と一緒にご飯を食べている。犬もそれに合わせる。

当たり前のことなのですが、これが本当に何とも言えない幸せだったんだなと今では思います。

太郎もいつもと同じようにしているのですが、どこかしらで私に遠慮しているようです。

おそらく夫がいなくなったという事の辛さを太郎はわかってるのだと思います。

しかし太郎ももういいお年なので、自分のしたいことをすればいいと私自身思っています。

気を使ってくれなくてもいいのですが、いぬって本当にありがたいと感じます。

この前も書きましたが、ペットロスになりうることもあります。

本当に感じます。

このこがいなければと思えば思うほド辛さがましてきます。

これならば最初から太郎をかわなければよかったと思うときもありました。

しかし、いぬをかっていなければ今目の前にある夫の食器もみることすらもつらくてできないでしょう。

それを太郎がカバーしてくれている。

本当にありがたい存在だと感謝しています。

夫が旅立って

先日夫が亡くなりました。あとは太郎のみです。太郎はコーギーです。

私のそばから離れようとしません。そして私も太郎のそばにすっといたいと思っています。太郎は人間で言えば私の主人と同じくらいではないでしょうか。

その主人が旅立っていったということは太郎もいつか同じ運命になるのではないかと思うくらい最近とても寂しく感じます。この子がいなくなったと思うととてもではありませんが、いきていけそうではありません。

夫がいなくなってつらいのです。しかし、考えなければならないのは、これからの老後とかではなく、この子がいなくなった時のペットロスになること。

それが1番私にとっては気がかりですね。このこよりも早くなくなることを希望しますが、そうなると、このこはたった一人ぽっちになってしまいます。

でもこの子が先に亡くなると、私はおそらく生きている気持ちがなくなります。ですので今からどうするべきなのかということを本当に考えていかなければならないと思っているのです。

今がとても辛いのです。わすれなければならない存在とこれから何とかしなければならないという事とが重なるほどこわいものはありませんから。