先をみつめて

今とにかく目の前にあることをすべて全力で取り組むこと.

それが私のできることもののすべてだと思っています.

年をとってしまった犬と一緒に過ごすためには、

いろいろなことがストレスになってきます.

トイレの介助などを想定し、食事などもすべてそうです.

しかしそれを本当にごく当たり前のように自分のルーチンワークとして

やることができるのはなぜかといいますと若い時をしっているからです.

自分よりもずっと若くして生まれてきた犬の方が先に逝ってしまう事の悲しさ。

これはわかっている人の役目でもありますよね.

だからこそ私ができることというのは

今のワンちゃんの生活を保ってあげるということと、

そして、もう一つは過去の思い出をしっかりと作ることではないかと思っています

それがうまくできるようになるというのは、あくまで理想のですが、

なかなか難しいですよね。

こうしてブログに書いて皆さんからの意見を聞くことで初めて成り立っている私がいるわけです。