今世話をするだけではなく、

「私の貯金を全部今のワンちゃんにあげて下さい」というようなことを書くとだめだっていうことが書かれてありました.

ワンちゃんは人間ではありませんので、

お金を全部ワンちゃんにわたしてくれとかいてもだめなようです.

つまり私がなくなった後、わんちゃんをお世話してあげるという人にあげるというかそのワンちゃんにそのお金をうまく使ってやって欲しいというようなことを

具体的に書いておかなければならないということでした.

そうなんですよね。私が世話ができないからあとは他にまかせますはだめですよね。

亡くなった後は世話をしてあげて下さい、そしてそのお金を私のところから使って下さい.

そしてその分あなたが世話をしてくれた分については、

仕事量としてこれだけの金を払います・・・

みたいなことをやっぱりきちんとしておかなければならないですよね.

犬のためにできることは、今の生きている間というだけではなく、

自分がなくなった場合でもそうやって世話をすることを考えておくことが

大切なんだなと本当に思いました.

自分がさきに行く事もかんがえて

今日、最近では遺言書をできるだけ早く書くという事が

本屋さんで書籍として書かれていました.

それをよんでみると、

なるほどなあと思うことが沢山書いてあったのです.

生前にしっかりと整理しておくことが大切だということが書かれてありました.

その中で特に注目したのはペットのことです.

ペットをおいて死んでしまった飼い主にとっては

何とも心苦しいところかもしれませんが、

現実としてあるわけですから、

やっぱり亡くなった後そのペットがどうなるのかという事について、

しっかりと書いておかなければなりませんという事でした.

他にも、こちらの行政書士事務所のホームページをみてみると、わざわざペットの今後の事位関する遺言状の正しい書き方も説明されています。

きっと、それだけペットよりも早く死んでしまう事に対して責任を感じている飼い主様が多いという事なのだと思います。

私のところのいぬもかなり年をとっていますので、

どちらが先になくなってもおかしくないわけです.

そして私がなくなった後も追いかけてなくなると思うのですが、

だからといって私よりも一日でも長く生きるという事は

誰かに世話をしてもらわなければいけないわけです.

といったことから、きちんと生前整理しなければならないなと痛感しました。

先をみつめて

今とにかく目の前にあることをすべて全力で取り組むこと.

それが私のできることもののすべてだと思っています.

年をとってしまった犬と一緒に過ごすためには、

いろいろなことがストレスになってきます.

トイレの介助などを想定し、食事などもすべてそうです.

しかしそれを本当にごく当たり前のように自分のルーチンワークとして

やることができるのはなぜかといいますと若い時をしっているからです.

自分よりもずっと若くして生まれてきた犬の方が先に逝ってしまう事の悲しさ。

これはわかっている人の役目でもありますよね.

だからこそ私ができることというのは

今のワンちゃんの生活を保ってあげるということと、

そして、もう一つは過去の思い出をしっかりと作ることではないかと思っています

それがうまくできるようになるというのは、あくまで理想のですが、

なかなか難しいですよね。

こうしてブログに書いて皆さんからの意見を聞くことで初めて成り立っている私がいるわけです。

しあわせな時間

前回のことを考えれば、

私がこうやってわんちゃんのことをずっと考えてられるということは

むしろすごい幸せなことなんだなとつくづく思います.

私ができることなんて、ほんとにたかがしれていますので、

今思いつくことをすべてやっていくことと、

今の時間はとりあえず最低でも最善を尽くすということだけに

意識を持つようにしています。

ところで、災害にあった場合のわんちゃんを救うために私自身も何かできることはないかと考えていますが、体力の問題とかいろいろなことがありますので

おかねでしか解決できない自分がとても苦しかったりします.

皆さんはどのようにしてるのでしょうか.

少なからず、犬などと離れ離れになってる人と一緒にしてあげたい、

元の平穏な世界に戻してあげたいという気持ちは本当に思います.

幸せな時間を取り戻してあげたい.

これは絶対に思います.

とにかく、私ができることを精一杯やっていきたいと思います.

うちのワンちゃんの世話もしますよ。

 

余裕があるから考える。

ここでも何度も書いていますが、

どのように老犬に素敵な余生を送ってもらうのかと

いうことに焦点を置いてきています.

しかしそれは本当に幸せなことであり、

何の障害もないからこそこうやって考えられるんだなと思います.

と言いますのも、もし代わりに何かが起こっていたり

たとえそうでなくても私自身がいまだに現役で

仕事しているとなった場合、絶対にそんなに構ってられないような気がするのです.
構うことができるという事は時間が余っているということ。

だからこそいろいろなことを考えてしまうんですよね.

そしてその考えてしまうことが悪いことでなかったらいいのですが、

マイナスの方向にどうしても考えてしまうんですよね.

年齢も年齢ですしお互いどうすべきか、今年も考えてしまいます.

しかしそうではなくて、中には災害などで、飼い主の方が先に亡くなってしまったり、

または建物が崩壊してご自身のワンちゃんがなくなってしまうという

辛い状態になってる人も沢山いるわけです.

続きはまた書きます。

 

ペットロスにならない最善の方法

生きている時はもちろん、

愛犬のためにできる限りのことをしてあげたい.

その気持ちは今でも変わりません.

でもなくなった時そのペットロスになる前に

その老犬のお墓や骨をどうすべきかという点が挙げられます.

そこで私はこの前どこのお墓に入れるのかなどいろいろ調べてみました.

てもこのこの骨はいつまでもずっと私のも置いておきたいという気持ちがあり、

ずっとそばに置いておけるようにペンダントにしたり

何かにしようといろいろ検討してみました.

値段をかけるべきところはどこなのかなと.

考えなければならない点をいっぱいありますし、

今早急に答えを出す必要はないなと思っています.

そうすると、この子が何だか死んでしまいそうな気がするからです.

とりあえず今は、じっくりとこの子の将来のこと.

そして一番ペットロスにならない最善の方法と考えています.

でもきっとなかなか答えは出ないんでしょうね.

答えが出るときはこの子が亡くなった時ではないでしょうか.

他にも気になる事といえば、もう犬を飼うのが怖くなるのではないかという不安です。

ワンちゃんは大好きですし、好きだからこそ、失うのが怖いんです。

これは愛犬家の私だけでなく、猫ちゃんや、うさぎさんや、他のペットと一緒に暮らしている人も一緒かもしれませんね。

猫ちゃんについては、室内で多数の猫ちゃんと一緒に暮らしている人も多く、家族のように愛している意図も多いですよね?

気になって検索してみたのですが、例えばこのブログの管理人様などは、猫の多頭飼育にピッタリのペットフードの事をまとめてくれています。

多頭飼いで猫ちゃんのキャットフードにお悩みならば…

つまり、愛する家族の一員である猫ちゃんのために、一番よいペットフードを探すくらいの溺愛ぶりなのです。

このような飼い主様と一緒に暮らしている猫ちゃんは、それはそれは幸せなのだと思うのですが、それだけに他人事ながらこの猫ちゃんとお別れするときの辛さを想像すると、すこし寂しくなります。

これも、ペットと一緒に暮らす以上は仕方のない事なのですが、生き物を飼うってホントに難しいですよね。