余裕があるから考える。

ここでも何度も書いていますが、

どのように老犬に素敵な余生を送ってもらうのかと

いうことに焦点を置いてきています.

しかしそれは本当に幸せなことであり、

何の障害もないからこそこうやって考えられるんだなと思います.

と言いますのも、もし代わりに何かが起こっていたり

たとえそうでなくても私自身がいまだに現役で

仕事しているとなった場合、絶対にそんなに構ってられないような気がするのです.
構うことができるという事は時間が余っているということ。

だからこそいろいろなことを考えてしまうんですよね.

そしてその考えてしまうことが悪いことでなかったらいいのですが、

マイナスの方向にどうしても考えてしまうんですよね.

年齢も年齢ですしお互いどうすべきか、今年も考えてしまいます.

しかしそうではなくて、中には災害などで、飼い主の方が先に亡くなってしまったり、

または建物が崩壊してご自身のワンちゃんがなくなってしまうという

辛い状態になってる人も沢山いるわけです.

続きはまた書きます。

 

ペットロスにならない最善の方法

生きている時はもちろん、

愛犬のためにできる限りのことをしてあげたい.

その気持ちは今でも変わりません.

でもなくなった時そのペットロスになる前に

その老犬のお墓や骨をどうすべきかという点が挙げられます.

そこで私はこの前どこのお墓に入れるのかなどいろいろ調べてみました.

てもこのこの骨はいつまでもずっと私のも置いておきたいという気持ちがあり、

ずっとそばに置いておけるようにペンダントにしたり

何かにしようといろいろ検討してみました.

値段をかけるべきところはどこなのかなと.

考えなければならない点をいっぱいありますし、

今早急に答えを出す必要はないなと思っています.

そうすると、この子が何だか死んでしまいそうな気がするからです.

とりあえず今は、じっくりとこの子の将来のこと.

そして一番ペットロスにならない最善の方法と考えています.

でもきっとなかなか答えは出ないんでしょうね.

答えが出るときはこの子が亡くなった時ではないでしょうか.