対策はたてていても・・・。

先日、たまたま市政だよりを読んでいだ時にペットロス日ならないことについて講演会がありましたが、そこに私も参加してみることにしました。

ここに集まる人たちは、もちろんペットをかっている方で、しかもどちらかというとかなり高齢の犬や猫を飼っている方でした。

講演会の内容よりも、のちのちの質疑応答時に客席から飛んでくる質問は本当に切羽詰っているような感覚を受けましたし、言葉にもとても重みを感じられました。

皆さんやっぱりペットロスの怖さや現実にペットロスを感じている方の話をモロに聞くことができたわけで、私もいずれ訪れるこのペットロスをどのように対処していいのかということをここで勉強することができました。

結論から申しますと、ペットロスに対する対策を考えれば考えるほど現実逃避したくなります。それが正直な気持ちだと思います。

いずれ訪れることなのだということはわかっていても本当になかなか決断つけられないというのが正直なところだと思います。